2012.12.22 (Sat)

さらばヒョウ公よ永遠に 

ああ、ヒョウ公将軍ついに…逝かれてしまったか(´・ω・`)

とても好きな将軍でした。
毎回派手な突撃をかましてくれたので、爽快感がありましたねw

最後に信に盾を預けたわけだけど、つまり信の最強装備は王騎の矛とヒョウ公の盾ということだね!?
偉大な二人の師匠の武具で暴れまわる信、見てみたいぜ(´∀`)


そしてホウケン、解らないのか解りたくないのか?答えは掴みかかってると思うのだが。
何しろ王騎の時同様、死に体の相手に押し切られかけた挙げ句、今回は片腕を持ってかれたわけだ。

どちらと戦ったときも、力、速さ、技、全てにおいて上だったはずの武神。
しかし完勝とはいかず…むしろ不可思議な感覚が増すばかりであった。

今回は片腕の物理的なダメージもさることながら、心の方に大きな傷を刻まれたかもしれないな(´・ω・)

(李牧すらも驚愕していたのが印象的。素で驚いていたね)

これでまたひとつ武神に変化が訪れるか?少なくとも木を切ってる場合じゃないのは確かだなw


もうヒョウ公将軍の待機じゃあとか、酒じゃあとか聞けないのが残念ですが(´・ω・`)

あの世で王騎を二日酔いにさせてやってくれ…
スポンサーサイト
EDIT |  23:45 |  キングダム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク