2013.01.09 (Wed)

キングダム326話 うまい酒 

実は以前から気になっていた、ヒョウ公将軍はなぜ六将に入ら(れ)なかったのか?
読者全員が思っていたことなんじゃないか?( ´・ω・)
どう見ても六将級だものねえ。

その答えは興味が無かったから。

実は昭王に何度も咸陽へ呼び出されていたというヒョウ公将軍。
そして華麗にスルー
か、漢だ・・・!!

六将?何それおいしいの?
戦場で戦い、勝利し、その夜美味い酒を飲めりゃそれで良い。
至極シンプルな考え方。男らしいわー(*´ω`)

でも六将達と道は違えど実力的には近いものがあるので、気は合ったわけだ。

多分昭王も最後は諦めてたと思うww
しょーがねえなヒョウ公は!ってな。


そして激情に駆られ突撃しようとする信を諌めたのはやはり壁!
頼れる兄貴だなー、読者の言いたいことを全部言ってくれた(´-ω-`)
王道の展開ながら熱いシーンです。

咸陽へ行かないと将軍の死が無駄になってしまう。
かくしてなんとか思い直した信は壁の先導で脱出を果たすのであった。。。


咸陽は咸陽で臭いことになってきたなー( ´・ω・)
やはりあの男はたいがいである。しょせん商人上がりってことだな!
これをうまく鎮められれば状況は一気に大王に傾くんだが。
さてどうなることか。まずは李牧をなんとかしないと、状況はいぜん厳しい(`・ω・´)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  01:25 |  キングダム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク