2013.05.17 (Fri)

テラフォーマーズ5巻発売 

今日と知ってちょっと驚き( ゚ω゚ )
とりあえずあとで買って来るとして・・・( ^ω^)

早速本編の感想を書いていきます(´・ω・`)


燈とアレックスの反応を見る限り・・・1班の人間はもしかするとほとんどやられてしまったのかもしれません(´・ω・`)
何人いるかは不明ですが、16人と仮定しても、艦長、慶次、マルコス、加奈子、ジャレッド、エリカの6人しか生き残っていない可能性もある(´;ω;`)

残りの10人ほどは中国班みたいなウェルダンになってるのかもしれません。それで燈達はぶち切れてたのかも。。。


なんにせよオケラ型?のTFは燈が、周りの雑魚はマルコスが、ニジイロクワガタはミッシェル&ジャレッドがそれぞれ対峙。いるか分からない生存者は加奈子が確保に向かいます(`・ω・´)
足の傷は大きいが・・・ジャレッド君は生き残ってもらいたいところ。アメリカ魂を見せてやれ!

ってかみんなバカやって食いっぱぐれたりロクな人生を送らずにここへ来た割には、割とまっすぐだよなあ。成功率30%の手術を経て悟ったりもしたのだろうか。他のクルーの影響とか色々あるだろうが。
たまにはこう、ゲスい奴がいてもねえ・・・w


オケラの強さは不明ですが、手の力は相当なもののはず。小さい頃オケラと戯れた俺には解るッ!!
ニジイロクワガタも特性を最大限活かせる数少ないフィールド、どちらも中々の強敵ですな。


あと早く艦長と慶次にも薬を!!
あの二人が復活すればかなりの戦力ですよ(`・ω・´)

そしていよいよ見えてきたな・・・裏切り者の全貌が(´・ω・`)
理解者を装い他人の成果が出る瞬間を狙って掠め取る・・・・つまるところそれが目的なのか。
ぶっちゃけた話、手柄オール横取りってことか?他にもありそうだが。。

そしてロッカ君はやはり!みんなの予想通り蛭間の一族だったのか!?(`・ω・´)
一郎、六嘉、七星・・・蛭間一族優秀すぎワロタ
なぜ普通にドイツ支局に勤めてるのかは謎ですが、ドイツ陣営の取り込みにかかるようですな。
ドイツも上は色々考えてたようですが、取り込めるということはその見込みがあるということで。。。

計画の全貌を漏らしたのはドイツではないのかな。
今回はどこか一国が明確な裏切り者というより、全ての国が思惑に則って行動してる感じがあるね。強いて言うなら計画を図面つきで漏らした国が明確な裏切りといえるか。
そんな国を取り込みにかかるとも思えん(。´-ω・)

ま、いずれにせよ上層部が良からぬことを企んでいたのは間違いないようだがw
でもだとしたらどうやって?アドルフ達はもういないのに・・・そもそもアドルフ達は何も知らない感じだったけどなあ。サンプル横取りするにしても、現地のクルーの協力がないと・・・

サンプルの獲手ってんだから、横取りしようとしてるのだろうか?ぶっちゃけどの国もそのくらい考えてそうで困るww


いずれにせよ裏でコソコソしてるスニーカー達の尻尾を七星はある程度つかんでるようだね。本多博士に見せた謎のリスト、あれがどんなものかは分からないが、スニーカーを洗い出したリストなんだろうか

1・2班の戦い、スニーカーの正体、謎は増えるばかりだが、今はここを切り抜けないとな!
今は戦いの行方を見守るぜ(`・ω・´)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  18:40 |  テラフォーマーズ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
★ゲスいやつ
(´ーωー`)確かにけいいちさんの言うとおりゲスい奴がいてもいいそうなもんだが。なんでみんなあんなにまっすぐなのか。

地球で悪だくみしてる奴らは間違いなくゲスい奴らなんだろうけど。

ちなみに私の息子もまっすぐです。

(´・ω・`)おや、ゲスい奴は私もですかな?
まめしば |  2013年05月30日(木) 20:53 | URL 【コメント編集】
★Re: ゲスいやつ
まあ中国にいた精神統一君なんかはいい感じのゲス度でしたが、彼は生きているのだろうかw
なんだかんだ強そうだし生きていてくれるとそれはそれで面白いんですが(;^ω^)

大丈夫、僕もゲスです(^ω^)v←
螢一 |  2013年05月31日(金) 17:32 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク