2013.09.23 (Mon)

発勁、炸裂 

テラフォーマーズ感想です(´・ω・`)b

ついに開戦したタスマニアンキングクラブvsヒョウモンダコ

地球では蟹はタコの餌・・・ですがここは火星
力を借りているとはいえ戦うのは人間。どう転ぶかは全く予想できません(`・ω・´;)


お互いのボスの一騎討ちが始まると同時に部下も動き出します。
残りの中国班メンバーも相当な実力者たちと思われるので、こちらもどうなるか分からないですな


意外なことに本来のアシモフの戦闘スタイルは柔道
これは艦長とそっちの話で弾むんじゃなかろうかww

まずはタコの触手を弾きながら劉に迫るアシモフ。ガスマスクを触手で引っぺがす劉。
二人とも打撃には滅法強く、再生もあるのでただ殴るだけでは倒せません。

劉は硬すぎる甲殻を狙わずに、どうしても存在する弱点、関節を狙います(`・ω・´)
それ+口から霧状にして放出しているハパロトキシンの毒が回る時間経過でも劉の勝利となります。

対するアシモフは、脊椎へのダメージは有効と判断し投げ技による一撃必殺を狙う。

時間制限こそあるものの戦況はアシモフ優勢。
このままではまずい、毒が回る前に押し切られる・・・・!と判断した劉が仕掛けます(´・ω・`)



奥の手、口から墨を吐いて目潰し攻撃!(`・ω・´)

こいつで視界を奪ってしまえば、後は触手でレイプするだけkry


ところがどっこい。。。

俺にはこいつがあるのさ!!!
口から泡を吹いて墨をガード!!!(`・ω・´)

劉の奥の手をしっかり読んでいたアシモフ。そういえば蟹って泡吹けたな。
ここでの攻防もアシモフが上を行き、ついに組むことに成功!!

手練の柔道家に組み付かれたら・・・後は分かるな?
俺は殺す気の投げなんか喰らった事は無いけど、下が固い地面なら多分マジで人殺せるんじゃないかと思う。
ましてや、蟹のパワーとアシモフの筋力を上乗せした、人外の投げ。

これを喰らえば致命傷は免れない・・・!!!




しかし!


アシモフの投げは不発に終わる(´・ω・`)

それは軟体生物ゆえの特性なのか。ここまで重心の移動が速い生物をアシモフは知らなかった。まあ人の形したタコに柔道技かける経験なんかあるわけねえしな。

かくして投げは不発に終わった・・・だけなら良かったが。
重心の移動が速いということは。劉は既に攻撃態勢は完了。
投げが不発に終わり隙だらけのアシモフに、全体重+タコの力を乗せた


発 勁 炸 裂!!!

反動で劉の足元の地面が炸裂するほどの威力。
遠く離れたアネックスまで吹っ飛ばされ叩きつけられるアシモフ。
自慢の甲殻を叩き割られこそしないものの、恐らく内部にダメージを負った模様。

無敵のアシモフが、ついに打撃でダメージを負った・・・!?(´・ω・`;)

「我々をただの兵器頼りのエンジニアだと思っていたのかね?」


そもそも

手を組んでいたロシアに敵対され、今まさに包囲されようとしている中。
なぜいまだ降伏しようとしないのか?


「”勝てる”からだ」


答えは至極シンプル。
この状況下においても勝つヴィジョンが見えているから。
1・2・そして6班に包囲されかねないこの状況でも、だ。


まあ俺は当然読者は誰も兵器頼りのエンジニアだなんて思ってる人はいまい。
火星最強6人衆の1人だ。劉は間違いなく強い!その部下も当然な。

とはいえさすがに劉も包囲される前に目の前のアシモフ、3班を撃破したいのが本音だろう。
不利な状況であるのは否めない。

毒も回りつつある今距離を取られたのは非常~~にまずい。
そして忘れがちですが相手は対人ビルドなのです。能力すらもね。ゴキブリとの戦闘よりも人間との戦闘で力を発揮する能力・・・

アシモフ率いる3班の運命やいかに!?(`・ω・´)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  22:14 |  テラフォーマーズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク