2013.12.24 (Tue)

文明の利器ってすげー 

テラフォーマーズ感想です( ^ω^)
新たに登場した強敵を倒せるのか!?


『人類を最も繁栄に導いた発見とは何か』
人によっては「鉄」というかも知れないし、「紙」というかも知れないし「薬」かも知れない
答えを一つに絞ることはできないが―

アシモフ曰く、ゴキブリの知能が高いレベルにあり、俺たちの特性を奪える前提で動いているなら、奴らが最も欲しているのは、奴らに最も恩恵を与えてしまう特性は・・・電気か糸だろう

電気は辛くも奪われずに済んだ。なるほど、ハゲがあれほど異常に狂喜してたのは、アドルフの能力がまさに求めていたそのもの、天恵だったからか。文化を発展させるヴィジョンは既に見えていたのだ。
蟹や蜂といった打撃系や、イワンとかの毒系とは違う発展性が電気と糸にはあるな。あのハゲが迂闊に死体に近づいてしまうくらいテンション上がっちゃうしな。

そんなわけで、僕らテラフォーマーは膝丸君を捕獲するべく最強クラスの戦士を送り込んだのだった(^_^)v


オサムシ科 日本固有種
『マイマイカブリ』

その名の通り強力な粘液に保護されたマイマイを捕食する「術」と
自身の身を守る際に大量に敵に噴射する「化学物質」を併せ持つ

「燈ィ!眼に入ると失明するぞッ!」
「げっ!マジすかそりゃあ・・・ヤバイッスね!」

言うが早いか目の前のパラポネラを足払いで転ばせ、自身はしゃがみこんで顔をガード。
目に入ったらヤバいのは、ミッシェルちゃんの毒霧だ!(`・ω・´)
毒霧噴射でまずはマイマイカブリ爆死決定―――!?


毒霧は途中でそのコースを変更。なんとそこには元気に毒霧を吸い込むパラポネラ君の姿が!!
こいつ、肺も筋肉で出来てやがるのか!?( ゚Д゚ )
そして毒霧をノーダメで排出し、カブリを腕の上に乗せます。


20131224150501896.jpg


それを思いっきりブン投げて、ついでに糸がくっついているので燈も巻き込んではるか遠くへ連行。
2対2から1対1×2の状況を作り出しました。それも相性の良いタイマンを・・・(´・ω・)

フン・・・特性的にこっちのほうが有利と判断したか・・・願ってもねえ・・・

成程・・・糸を溶かすか溶かさねえかはお前の自由ってわけだ
最近はどうも俺・・・糸を出す便利な生物としか見られてねえみたいで悲しいぜ
糸が使えねえならブッ叩くまでだ


不利な展開ですがミッシェル的には願っても無い展開。
燈も能力だけでマーズ・ランキング6位を張ってる訳じゃねえ。武の真髄を見せてやる(。´-ω・)・・・と

20131224151043f67.jpg


す・・・隙が無い―!袴だと足の運びが見難いな・・・小技を・・・・

袴だし武術っぽいタイプかなーと思ったら、モロでした。一体どこで武術を学んだのか。バグズ二号に残ってた本とかですかねえ。
燈が驚くほどですから、相当なレベルなんでしょう


マイマイカブリを含むオサムシの仲間の多くはマイマイやナメクジを捕食する際、先に消化液を吐き、餌を防具(粘液)ごと消化してしまい溶けた死体を吸い上げるという

また天敵に対しては大量の腐食性の酸を噴きかける。主成分は『メタアクリル酸』。人体にとっての有害物質である
”生物界最強の糸”の弱点は”蛋白質で出来ている”という点であった。

この酸によって燈の糸は溶かされてしまうわけですね。

そしておもむろに地面から立ち登る煙。。。煙幕?
足から酸を出し地面の苔を溶かして煙幕を張るカブリ(`・ω・´;)まるで忍術!

煙幕で機先を制し、カブリの強烈な打拳が燈を襲う。燈の顎を正確に捉え、骨にヒビが入る重傷・・・・だが!

ボクシングやプロレスと違い”彼等”の本気の戦闘には”打ち合う”事があまりない。それは武器を持っていた場合「一発イイのが入る」=死亡もしくは戦闘不能を意味し、持っていなくとも「一本」の次の瞬間には踏みつけなどの追い打ちが即座に入れられる

だから転ばせただけでも「一本」となる。」最初の一発が肝心。故に彼等の戦闘では最初の一発を入れられる状態になる事と、同時に相手からは一発を入れられない距離を置くことが課題となる

これが”間合いを取り合う”と言われるものである。燈は最初から左腕を大きく前に出していた。理由は相手を自分の間合いに入れない為ともうひとつ

もし入れられた場合、高速で動く拳ではなく相手の肩に触れる為である。触れた瞬間、体は勝手に動いた




20131224152300260.jpg


顎をやられたものの、反射的に動き脇固め。これで一本。もう腕は動かせず、反撃も不能。死合終了である。人間ならね

「一本」だが、テラフォーマーには痛覚(いたみ)がなかった。「腕の一本」を命取りにする為の反射(いたみ)が。燈の”積み重ねた技術”はこの時仇となった

やられたこと無いけど、多分人間の場合腕を極められると痛みでまともに動けなくなるんだと思う。
武術ってのはその痛みも含めた人間の反射につけこむことが多いらしいから。
だからこの型から逆転する方法は通常ほとんど無いんだろうね。

でもテラフォーマーは簡単。痛みも何も無いからね、動かせない左腕は邪魔だし千切れちゃっても良いよね、相手の技から脱出できるし


というわけで、極められた左腕をぶっ千切って無理矢理体制を戻すカブリ(`・ω・´)
腕の一本を犠牲にして燈の背後を取ることに成功!

マズイっ・・・!酸が来る!

カブリの必殺攻撃、酸を警戒して咄嗟に顔をガードする燈。しかしカブリんが選択した攻撃は・・・


201312241532039d4.jpg



け、拳銃だったー!!!!!
袴は足さばきだけでなく切り札を隠す役割も果たしていたのか!!(´;ω;`)

ゴキブリには大して効かない拳銃が人間には効果大。こいつはヘヴィだぜ(;;´・ω・)

はんぺらさんのところでも言われてるけど、花山vsスペックっぽいな確かにwww

だがまだ分からないぜ。燈のことだからな、事前に糸をぐるぐる巻きにして防弾してるかもしれん。でもスゲー痛いと思うけどww
もう一つの特性の件もあるしな。。。さあてどうなるか

やはりゴキブリ、単純な強さそのものより、人間とは戦い方、戦える方法が違いすぎるのがやりにくいですね(´・ω・`)
顎をやられ腹部に銃撃、結構追い込まれてしまった燈の運命やいかに!?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  15:38 |  テラフォーマーズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク