--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.02.19 (Thu)

絶品地球飯 

何をどう間違えたのか、地球に来襲してしまったテラフォーマー達。
いや、来襲という言い方は正しいのかどうか?君ら・・・前から居たんでしょう?きっと

それはそれとして、冒頭からいきなり地球の美味を食しております!!!
アザラシかなんかかこれ・・・可哀想に(´;ω;`)

でも美味しいですよねきっと・・・海の恵みですから。
地球は全てが火星より豊か。心なしか筋肉も更にパワーアップした気がするぜえ~お前はトリコか!!

もちろん美味しいお魚も沢山獲れましたよ、と。やべえなこいつら地球で飯食ってるだけで強くなりそう。マジでトリコか。

しかし何か気に食わねえ・・・(。´-ω・)
地球の生物を喰らうかよ、お前らが。ミサイルでもレーザーでも無く、地球の生物の力でテメエらはぶち殺してやりたいところだがよ。
ま、人間には人間の武器もあるゆえな( ´・ω・)


拾った地図を眺めて嬉しそうにしてるあたり、端から目的地は日本だった、ってことかね・・・?
何が目的か知らないが、こいつどこまでの知能なんだ・・・(´・ω・`;)


さてここでアメリカ大統領グッドマンの独り語り・・・10年は前の話。
まだA・Eウィルスの危険性も明らかになっていない頃。大統領で無く国防長官だった頃。

まさかあのマニュアルを・・・20世紀からただ存在しているだけだったあのマニュアルを、私の代で読み上げることになろうとは!!!


古来より存在する古のマニュアルとは?( ゚ω゚ )?

10年前、どの国にも心当たりが無いという未知の飛行物体が、正確な角度で地球の大気圏に突入しようとしていた。

まあ、今一番現実的なエイリアンといえば火星のゴキブリですが、んなこたあ考えもしなかった大統領。
当然といえば当然か。知能はあっても文化も資源もケタが違いすぎる。

ミサイルの着弾を確認するも、ダミーを切り離したのか、軌道変更したのかともかく神回避。
しかしながら、二の矢が今度こそ撃墜。

核ミサイルを所持し、かつ軍隊・消防において、「宇宙人が武力攻撃を試みてきた時」に対するマニュアルが存在するのは

アメリカ合衆国と・・・


ロシア連邦共和国



2015021903560000.jpg




なるほどねー、こりゃ確かに一度も読まれないであろうマニュアルだわ( ゚ω゚ )w
こんなもん作ってあること自体が正直ちょっと恥ずかしい気もするよね、俺らからすると(^ω^;)ww
しかしまー奇しくも役に立ってしまったマニュアルでありますが。

ロシアのおっさんも相当やるなあ。キレ者と見た(。´-ω・)おそロシア~

とはいえ撃墜したは良いが後処理が大変なわけでして。
北極近くに落ちた残骸はアメリカとU-NASA本部が管理することとなったわけだ。

で、残骸はバグズ一号と確認。中からは一匹のテラフォーマーの死骸。

「テラフォーマーがバグズ一号をいじったら偶然地球へ帰るためのプログラムが作動してしまった」

という、「宇宙人の来襲」よりかはなんぼかマシかな?という結論へと落ち着いた。
ありえないけどなww他に考えようも無かった。

それが10年ほど前。バグズ一号はこうして封印された。多少の疑問を残したまま。


―・・・どのタイミングで分離したのか。
気球程度の大きさのものが、太平洋に着水した。
あらゆる紫外線・有害物質・菌・温度差を遮断し、内部の環境を保つ特性。
その「繭」は鋼鉄の強度で何百層にも重なって造られていた・・・

繭・・・そう、繭なのね。俺の知る限りこの性能はどう考えても蚕(かいこ)、か・・・
この漫画の記事を書き始めた頃言った気がするが、うちは昔養蚕をやっていたのだ、本当に俺が小さい頃・・・( ゚ω゚ )
家にはそれは大量の蚕がいた・・・芋虫は悲鳴をあげるほど無理な俺が、蚕だけは割と平気だったなw

それはさておき、当時は蚕の繭なんてすべすべで気持ち良い、くらいしか思ってなかったのー。
強度も人間の力からすれば大したもんじゃなかったし。
大きくなれば分かるがよ・・・アレだけ小さな虫から紡がれる糸の層の、神秘的な力が。

菌の増殖を抑え紫外線もカットする、軟弱になってしまった蚕が引き篭もるには最適な家だな。
昔から人と関わってきたのに、それらの機能性が判明したのは比較的最近とか何とか?
まだまだシルクには無限の可能性が―長くなるので略


詰まるところ、繭のシェルターを作ってバグズ一号に積んで、一号を囮にして分離、密かに地球の海に着水、ってこと?

ふむ・・・気球程度の繭、となるともはや想像もつかないな。紡ぎだしたのも蚕ちゃんじゃなくてあいつらだろうしw

むしろ出るほうが大変なんじゃないかと思わずには居られない


そんで、今まで静かだったのは・・・やっぱり色々準備してたんですかね?
そらおめー、あれだけ頭良い奴が14人ぽっちで勝てるとはおもわねえだろうよ。
九頭龍を見てなくても、あれくらいは想像してたかも知れねえ。

兵隊がごろごろいるかもしれないし、日本だけとも限らない、か・・・
数えたら先週のラストに居たのは14人。見覚えのある特性も多かった・・・バグズ2号の全員の特性を受け継いだ精鋭部隊だろうか?
もしかすると20年前からいた個体で、火星に居たのはガキどもかもしれないな。


だがまあしかし、ここは地球なんだわ。君らの目指した「神」はごろごろ居るぞ(´・ω・`)
あまり嘗めないことだ。ならば今度こそ対地ミサイルで跡形も無く蒸発させてやると意気込む大統領。

そして一郎も北海道上空でのアメリカ軍の活動を全面許可!!
話が早い・・・!さすがに一度対峙した一郎には、奴の危険度は誰よりも解っている!!恐らくは各国の代表もそれは既に感じているはずだな。

「ヤツ」が北海道に居るうちに、片を付ける!!
でないと、面倒なことになる・・・

そして神の恐ろしさを想像はしていても実際に目の当たりにはしていないハゲは、どうする気かな?
捕捉された瞬間、文字通り一瞬で蒸発させられるぞ。北海道でよかったよ人少ないしw

だが奴らも何かある・・・!(`・ω・´;)
くれぐれも油断無きよう、そして戦士たちの帰還を急ぐのだ!もー火星の戦いは終わりで良いわよ!:(;゙゚'ω゚'):
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  04:05 |  テラフォーマーズ  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
★ええ。
えー、明けましておめでとうございますww
ちゃんと記事は読みましたよ、ええ。ww

そして!12?巻出ましたね!!
とりあえず中国の首相にビンタ喰らわせたいです
 
またよろしくお願いいたします(☝˘ω˘)☝
羚途@(○ε○笑) |  2015年03月07日(土) 00:51 | URL 【コメント編集】
★言いにくいのですが…
北海道、人結構います…w
なんなら実家もあるのでスルーしきれずコメントしてしまいました(∀)
すみません…。
えっと |  2015年03月10日(火) 05:30 | URL 【コメント編集】
★Re: ええ。
コメントありがとうございます!!(`・ω・´*)

もう12巻で、早いものですね(*´ω`*)
中国の首相は眉ダヌキと呼ばれるだけあって曲者ですねww
あの作中では中国と言う国自体も相当な力を持っているようなので、侮れないところ(`・ω・´;)
螢一 |  2015年03月12日(木) 23:42 | URL 【コメント編集】
★Re: 言いにくいのですが…
コメントありがとうございます(´・ω・`)
もちろん、どーせ人なんか大していねーんだしサクッと焦土にしちまえよ、なんて意味を含んだものではありませんが・・・(´・ω・`)

そこら辺の配慮が足りなかったですね、すみませんでした。
螢一 |  2015年03月12日(木) 23:43 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。