2015.12.10 (Thu)

劉の過去 

草間 朝太郎の行動の真意は非常に気になるところだが、こちらも気になる劉さんの過去篇スタート(`・ω・´;)
劉さんの・・・というかミンミン副艦長視点もありですが。

随分とまあ・・・貧しい、という言葉で片付くレベルなのか分からない村へやってきた幼い明小姐。って言うか村なのこれ


私の通う学校はどれ?

学校は無いよ



gazou_0026.jpg





THE・即答

リアルで(: ゚`Д゚)こんな感じの顔をしてる明明副艦長がシュール
マジかよこのおっさん・・・って感じですね。


水は当然汚水、卵はプラスチック、TVは映らない。おらこんな村嫌だーってなもんか。
外から来た明明にはそれが解る。が、ここの世界しか知らない人間には、それが解らないのだな。
プラスチックといえば中国でプラスチックで米粒を作った(作ったと言って良いのかw)事件があったような気がしますね。
お前それ漫画でもねーぞ!みたいな事件が世の中たまに起きるものだ・・・世の中って言うか、うん

そんなこんなで、貯金をはたいてTVを買ったというお隣の劉さんの家にお邪魔することに。
なるほど、2人はここで育った幼馴染かと思いましたが、明明は外から来てたまたまお隣に住むことになったお姉さんだったのだね。

金が出来たんならもっとマシなもん買えやーーー!と憤る明明。
しかし、そう・・・この人たちは文字通り、「知らない」んだなあ・・・情報も入ってこないし。

明明の親がなぜ彼女をこんな村へ捨てたのかは分からない
ただ先日弟が産まれたことと、明明が女だということが関係があるのだろう・・・
父の親戚だというこの「おじさん」が明明を「買った」理由も同じ、ということだ。(´・ω・`)

ゴミ溜めの山で一人咽び泣く明明。

おじさんが言うに、学校はあった。あったことはある。
最初のうちは進学する子供もいたらしい。マジかよ信じられん。
しかしそれ以上の子供が落ちこぼれた。そのうち教師が学校へ来なくなった。
学校という入れ物自体はあっても、諦められてしまっている・・・か。


聞いたことがあるな。貧困にあえぐ層の人らをただ援助しても効果が薄いと
援助された物資を使って事を為すのではなく、その物資を売り払って日銭に変えてしまうとかなんとか。
最初からここで生まれたものには分からないのか。

とそれはさておき、そんなところに現れた劉少年。
「明」という字だけおじさんに教えてもらったらしい。




3615536193204.jpg



あんた誰?と問う明明に凄い屈託の無い笑顔で自己紹介する劉少年。こんな時代もあったものかw

そこから二人は朝まで話しをした。
彼女のいた街の事、水の事、太陽の事、星の事、食べ物の事・・・

明明は泣いていたが、その理由は分からなかった。だけど話していたかった。
話をしている間だけ、彼女の気がまぎれる気がしたから。。

きっと劉少年のおかげで明明も救われたのだろうよ。せめて話をしている間だけは・・・
それにしても気丈で聡明な子だったのだろうな。俺が11歳の時人にモノを教えるなんて出来たかしら・・・( ´・ω・)笑

今劉さん42だっけ。これは36年前の物語だったのだな。
そんなこんなでなんとか彼女も笑顔を取り戻しつつあったのだが・・・終わるのは突然だった(´・ω・`)

「ムンバイ議定書」

汚染と貧困にまみれた劉の故郷は既に捨てられることが決まっていた。
それもただの捨てられ方ではなく・・・



やっぱり爆撃でしょうかね。更地ですか?
いや、ただの捨てられ方では無い・・・と念を押している以上、恐らく想像の上を行く凄惨な・・・?
次週、劉の故郷を襲った悲劇とは。
スポンサーサイト

テーマ : テラフォーマーズ - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  01:03 |  テラフォーマーズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク