--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.12.17 (Thu)

緑色の雨 

テラフォ感想。劉の故郷に起きた悲劇とは―(´・ω・`)

とその前に例の「ムンバイ議定書」について。
2000年代、俺たちの年代から続いていた地球温暖化によ最も深刻な影響は、水位の上昇などではなく”新たな病原体の出現”だった。
2570年代に発生した「ストーン熱」によって2億人が命を落とし、国連は対策をとらなくてはならなくなった。
それが「ムンバイ議定書」全ての国が国土の一部を緑地にし、人間の経済活動を禁じるというもの。

んで、劉さんの故郷も緑化されることに決まったのだが・・・
中国上層部の対応は、想像のはるか上を・・・いや、はるか斜め上を行くものだった!!

どの国よりも迅速!!お手軽!!そして・・・外道。道に外れると書いて外道だ!!

もちろん立ち退きなんてしなくて良いんですよ^^


その日は緑色の雨が降った

どう見ても自然物ではない、どぎつい緑と茶色の塊。
異変を察知した明明が劉少年を屋内へ引きずりこみ、布を口に挟む。本当に賢い子だ・・・(´・ω・`)

その雨、いや人工物を浴びた子供が倒れ年寄りが倒れ、人々が倒れた。
一体どれほどの人が命を拾うことが出来たのか。

全ては後から知ったことだったが。この雨には緑と茶色の薬品が含まれており、
粗い衛星写真で見ると、この地域は確かに「緑」化されていないことも無かった・・・

っていう冗談みたいな本当の話。これ、国という単位じゃなくても村とかそのくらいの単位で現実にあったらしいね(;´Д`)

しかし「奴」らのターンはまだ終わっちゃいない。目覚めた劉少年が見たものはまさに地獄絵図。
火葬場とそこで従事する人間だけが元気に動いているぜ。

母親がいないことに気付いた劉少年は駆け出す。確かめずにはいられないのだ、仮に母親が既に中だったとしても・・・
まさかこんな元気な生存者がいるとは思っていなかったが、劉少年の滑り込みを許してしまう職員。

そこで劉少年が目にしたものは・・・最も、今となっては、全ては後から知ったことだったのだが。



3615646481071.jpg




普通、火葬場というのは骨は返してもらえるものだということも、アメリカの正規ルートの臓器移植では最低でも半年~数年の順番待ちがあるのに、わが国の病院ではこぞって「最長1週間!」などと宣伝していることも(そろそろ中国に怒られそうだけど大丈夫なのかこの漫画w)

そもそも彼らを人とも思わず議定書に同意するなら、爆弾でも使って焼き払って更地にしてから種でも蒔くなり植樹でもしろって話ですが、わざわざ塗料入りの薬品を使った。

そう、彼らは人なんですよ。それも大事な^^

だから、ここを失うわけにはいかなかったんですねえ・・・
火葬場なんかじゃない。貴重な、人体を出荷する場所だったから。

幸か不幸か、母親の姿を見つけてしまった劉少年は追い出されてしまう。

これもまた後から知ったことだが、この工場を運営しているのは国ではなかった。
ほぼ一人の官僚の小遣い稼ぎであり、このバカげた緑化計画もそいつの管轄だった、と。

後にそいつが劉少年を中央へ引き上げる縁故となるのだが。
当時の彼らはそんなこと知る由も無い。唯一つ

これを覆すには、上に立つしか無いということを除いて。


背筋が凍る。こんな恐ろしいこと考えるだけでもどうかしてるのに実行してしまうのだ。
それで稼いだ金で美味い飯を食い、上等な服を着て、更に上へと上り詰めると?
イカれてやがる(´・ω・`)

2人は覚悟を決めた。
明明は生まれた家へ帰る。どんなことをしてでも中央へしがみつく。

劉は父を頼る。二人とも目的は一緒。この国の中央の上層部へ・・・何十年かかっても全てを変える!


この父ってのがこの計画を管轄してる「官僚」か。
シルエットでは現中国代表の眉ダヌキにそっくりだ、が・・・歳が少々合わないか。
眉ダヌキ、劉ともにこの「官僚」の息子と見るべきか?眉ダヌキが兄で、腹違いかな?(´・ω・)


そして十何年か後、二人は再会。
二人とも大きくなった。色々な意味でな。劉少年なんかすっかり主人公みたいな面構えになってるし

でもまだここがスタートライン。
もっと偉くなってこの国の腐敗を一掃する。それは当然やるが、それだけでは救われない人がいる。

推定25億人、この国土に生きる人々全てを引っ張っていけるだけの国にする。
そして、もし独占することが出来ればそれを可能にするやも知れない技術。
人類の歴史を塗り替える新技術をアメリカから盗み出す。その技術こそが当時の「バグズ2号計画」のバグズ手術だったと。


一緒に行かせてくれと頼む劉。しかし失敗した時に劉を道連れにするわけにはいかない、と断られてしまう。
あの日色々なことを教えてくれて、雨からも護ってくれたお姉さんを今度は自分が護りたい・・・と考えてもいたのだろうか(´・ω・)




3615647006039.jpg





あとは俺たちが知るとおり、彼女の任務は失敗に終わり、逆にバグズ手術の実験台とされ、火星で命を落とした。
と、ここへ繋がるわけだが。。。ここからが裏話。

工作員・張明明はもう一つの任務を達成していた


恐らくここから燈の出生に関わっていくのだろう(´・ω・`)
しかし、アシモフもそうだったが劉さんも艦長に対しては結構複雑だったかもしれないね・・・
明小姐が命を落とした火星からノコノコ帰ってきた日本人・・・別に艦長が悪いわけじゃねえが思うところはあったかもな。

いよいよ燈の出生にも踏み込みそうな次週へ続く。
スポンサーサイト

テーマ : テラフォーマーズ - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT |  06:26 |  テラフォーマーズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

アフィリエイト・SEO対策

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。